風俗のバイトを始めた理由

40歳で風俗デビュー!

はじめまして♪
都内の繁華街にある某風俗店でバイトをしている人妻風俗嬢のミクです!
ただ今45歳(店年齢も一緒♪)、もちろん旦那にも2人の子どもにも、風俗でバイトをしていることはナイショです。

さて、私がデビューしたのは40歳から。
この業界では遅咲きな方ですが、実は最近、熟女になってから風俗のバイトを始める女性も少なくないようです。
私が働いているお店も熟女店なので、たくさんの同年代の女性と一緒に働いています。
彼女たちがデビューをした理由は様々ですが、やっぱり王道パターンは借金のようです。
旦那さんがリストラにあって生活費や教育費が必要になったとか、何気に多いのが株の失敗で借金が出来たなんていう人も多いですね。
中には旦那さんとはセックスレスだから欲求不満を解消する為に働いているなんて人もいるんですよ。
お客さんからしたらやたら積極的に女性から責められるのは嬉しいものですよね。
何だかんだ言って、欲求不満の彼女が一番の人気者だったりします。
やっぱり自分も楽しんで働くことが成功への近道なのかもしれませんね。

長男が受験に失敗!私立高校の学費はどうする?

長男が高校受験に失敗 そんな私がこのお仕事を始めた理由は5年前、2010年に遡ります。
上の息子が第一志望の都立高校に落ちてしまったのです。
本人の落ち込みようはひどく、家族全員で必死に慰めました。
…が、失意の息子には申し訳無いけれど、私が考えていたのはお金のこと。
だって第二志望の高校は私立だったからです。
皆さんもご存じの通り、都立と私立では学費が全然違います。
東京の都立であれば授業料は無料ですが、息子が受かった学校の授業料は年間90万円!補助を使っても約60万円。
それが3年間ですから180万円も掛かるんです。
もちろんその程度のお金を払えないことは無いですが、長男の大学費用にこれから次男の受験も始まるので、長期的に考えると教育費の為の貯金額が心許ない状況でした。

当時はテレフォンオペレーターのバイトをしていたんですが、予定外の出費に不安を覚え、困り切っていた時に毎日のようにバイト帰りに通っていた駅前の看板が目に入りました。
今までは気にも留めていなかった「30代以上の熟女さんも大歓迎!高収入求人多数」という、30代以上の女性を対象にした風俗の求人サイトでした。
そのようなサイトがあることは知っていたものの、まさか自分が働くことになるとは露ほども考えていなかったあの頃が懐かしいです。

教育費稼ぎのはずが、いつしか生きがいに

求人サイトの看板を見てから一週間は悩みました。
何しろキャバクラ程度の水商売さえも経験がない私。
全くの未知の世界だけに抵抗がありました。
しかし、お金がないのは事実。背に腹は代えられないと、可愛い息子たちの為に生まれて初めて風俗の求人サイトを見てみました。
もちろん求人情報を見ていても倫理観が邪魔をして躊躇をすることが多かったのですが、やはりテレオペのバイトとは比べられないほどの給料を見てからは心が決まりました。

最初にバイトをしたのは人妻をコンセプトにしたデリヘル店でした。
もちろん初日は緊張したけれど、決してイヤな経験ではなかったんですね。
そりゃ旦那ともしたことが無いエッチなプレイを、初対面のお客さんとするのは緊張しましたけど、不思議と求人情報を探していた時のような罪悪感はありませんでした。
そもそも、旦那とは既にセックスレスが長かったですからね。
しかも、テレオペのバイトの何日か分の給料をその場でドン、と現金でいただけけちゃうんです。
今までの苦労が一気に報われた気がしましたね。
このまま頑張れば、教育費どころか老後の生活費まで貯められちゃうとさえ思いましたね。

しばらく働き続けるとリピーターも出来て順調そのもの。
お店から「本指名ありがとうございます!」なんて言われちゃったりするのも「自分が必要とされている感じ」があってすごく嬉しかった。
後はなんといっても、「キレイだね」という言葉を男の人の口から聞けると仕事の関係とはいえ、女として幸せな気持ちに満たされちゃいますね。
旦那から「キレイだね」なんて、もう10年以上言われていないですし。
そうして最初は息子たちの教育費の為に始めた風俗のバイトが、いつしか私自身の為のお仕事になっていきました。

今のお店は3店目。風俗歴も5年目に突入!

派手な下着がきっかけでピンチ 今年で風俗のバイトを始めて5年目。
今までにデリヘル⇒性感マッサージ⇒ホテヘルと経験しました。
今のお店が人妻系のホテヘルで勤めだしてから2年になります。
5年も風俗で働いていれば家族にバレそうになったこともある訳ですが、やっぱりきっかけは洗濯物の下着からでした。
これって人妻風俗嬢のあるあるじゃないかと思いますが、ある日旦那から突然、「あんな派手な下着持ってたっけ?」と聞かれたんです。
もちろん私は「オバサン臭い下着ばっかり履いてたら余計に早く老けちゃうから、下着だけでもオシャレしようとしてるの」って誤魔化しましたが、旦那は腑に落ちないようなリアクションでした。
しかし、まさか私が風俗のバイトをしているなんて夢にも思わないもの。
私は今でもテレオペのバイトをしていることになっているので、バイト先での不倫を疑っているようでしたね。
やっぱり男性は自分が可愛いのか、最悪のことをイメージするということが無いようですね。
とはいえ、このように一緒に暮らす人がいれば、ほんのちょっとしたことから疑われることがありますので、これからも気を引き締めて生活する毎日です!

今の目標は50歳まで風俗嬢でいること

こんな感じで家族に秘密がバレる危険を冒しながらも、緊張感を持って風俗のバイトをしているのもお金の為。
今では50歳になるまでは、このお仕事を続けることが目標です。
お給料も現金支給なので、欲しいものはすぐに買えちゃいますし、こまめに分割して貯金をすることで旦那から疑われずに済むのも助かります。
中には母親が風俗で稼いだ金で学校へ行くくらいなら、学校へは行かずに独学した方がマシなんていうことを言われそうですが、自分のことよりも子供たちの方が可愛くて仕方ないのが母親というものなんですよね。
これから日記も兼ねて、皆さんが気になる風俗嬢への疑問や質問にも答えていきたいと思っていますので、よろしくお願いしま~す!